ウォーターサーバーにかかる電気代

ウォーターサーバーを使用する際には基本的に24時間ずっと電源を入れておくことになります。


中には必要な時だけコンセントを差せば良いというようにしている人もいるのですが、サーバーによってはクリーニング機能が付いているものもありますから、やはり基本となるのは常に電源を入れておくことです。

そうした際に気になるのが電気代ですが、これについてはメーカーごとによってかなり差があります。



ですがウォーターサーバーの場合、平均してみると月々の電気代は1000円前後になるのが一般的です。

この1000円という価格について高いと見るか安いと見るかは人によって異なりがありますが、例えばウォーターサーバーでお湯を出す場合と電気ポットを比較してみると、お湯を沸騰させた後に保温するタイプの電気ポットの場合だと月々900~1000円程度かかりますから、ウォーターサーバーの方が凄まじく高いということはほとんどありません。
加えてウォーターサーバーは冷たい水を出すこともできますし、雑菌の入っていない安全な水を飲むことができるということにおいてもかなり大きな意味があります。



1ヶ月1000円、1年で12000円というランニングコストを見てサーバーの導入を中止するという人も少なくは無いのが事実なのですが、実際に得られるメリットを鑑みてみればそうしたランニングコストはさほど重いものでは無いでしょう。



冷水と熱湯をいつでも使い分けることができ、安全で清潔な水を飲めるということにメリットを感じるのであれば、導入するだけの意味はあるのです。