ウォーターサーバー会社を選ぶ際の注意点

水の重要性が指摘される今、様々な企業がレンタルウォーターサーバーを販売しています。
その中でどれを選べばいいのか迷ってしまいます。

水は大きく分けて水道水をろ過したRO水と特定水源から採取された天然水になります。

RO水は安価でろ過で失ったミネラルを後の工程で添加することでミネラルを補うものもあります。



完全にろ過されていてミネラルをまったく含まないものは無味無臭になっています。


しかし、家庭で使用するには味も大切です。

昨今では加工をしていないオーガニックなものが好まれる傾向が高くなっているので、ミネラルを豊富に含んだ天然水を選ぶ人が増えています。

天然水でも軟水と硬水があるので用途に合わせて使い分けるといいでしょう。



ウォーターサーバーのボトルには自宅から一度回収して洗浄、再利用する改修型と、使い捨てパックで届くワンウェイ型の二種類があります。



ワンウェイ型だと大きな空ボトルを回収日まで保管しておく必要がないため自宅にスペースがない、すぐに処理したい方にはワンウェイ型をおすすめします。
また、ウォーターサーバーはレンタルといえども、部屋に置くのでデザインや大きさも重要になってきます。

インテリア感覚でおけるものが好まれます。

メーカーごとにおしゃれなカラーやデザイン、様々なサイズが増えています。
これらを十分に比較して水の種類やボトル廃棄の仕方などを考慮した上で自宅のニーズに合ったものを選び、ライフスタイルに合わせたサーバーを選ぶといいでしょう。