ウォーターサーバーの活用法は多種多様

昨今、オフィスや美容院、薬局や病院など、様々な場所で見かけるウォーターサーバーですが、家庭でも気軽に導入こと出来るものが増えています。


設置しておけば、いつでも冷たい水や熱いお湯を使うことが出来るため、一家に一台置いて家族で共同で使うことも出来ますが、自宅で仕事をしている人の場合、自分の仕事机の横に設置して使うことも出来ます。



そして、ウォーターサーバーの業者によって多少の差はあるものの、サーバー代が無料のところや、複数の種類の水から自分の好みのものを選択出来るところなど、業者によって様々な特徴があります。

そんなウォーターサーバーですが、ただ単に飲料水として使う以外にも様々な活用法があります。



まず、ご飯を炊く時にウォーターサーバーの水を使うことです。


ご飯を炊く際、通常は水道水を使いますが、中にはカルキの臭いや雑味などが気になる人もいると思います。

しかし、不純物がないウォーターサーバーの水を使うことで、ご飯がふっくらと炊き上がり、お米が本来持っている味わいを楽しむことが出来るようになります。



また、料理の際も不純物がなく、浸透力や溶解力に優れた水を使うことで、素材の本来の旨味を引き出しやすくなります。

だしや煮付けなど、繊細な味付けが鍵となる和食に最適です。

その他にも、ウイスキーや焼酎を飲む際の「割り水」として使うのもおすすめです。
水道水に比べてミネラル分や不純物が含まれていないため、お酒本来の味を楽しむことが出来ます。