ウォーターサーバーを置くことのメリットとデメリット

最近はテレビコマーシャル等でも頻繁に見かけるようになったウォーターサーバーですが、既に自宅に置いて利用しているという方は少なくないでしょう。

実際にウォーターサーバーを使ってみると、いくつかのメリットを実感することができます。

これから設置しようか迷っている方は、メリットとデメリットを挙げてじっくり検討してみましょう。

まずはメリットの方ですが、何より美味しくて安全な水がいつでも飲めるという点が大きいでしょう。

水道から出る水が安全ではないということではありませんが、ウォーターサーバーなら不純物が混ざっていない高品質の水が飲めるようになっています。
購入が可能な水には種類があるので、味の好みや採水地等から選ぶこともできます。

天然の水を採取して丁寧にろ過した水もありますし、RO水と呼ばれる特殊なフィルターを通して作る水もあります。
水の硬度を比較して軟水と硬水で選んでもいいでしょう。



サーバーには水を冷やす機能と温める機能が備わっているので、夏の暑い日には冷蔵庫で冷やしたような冷たい水がいつでも飲めるという点が大きな魅力でしょう。


冬にはコーヒーや紅茶、お茶を飲みたい時はお湯のレバーを押すと熱いお湯を出すことができます。



お湯を沸かす手間がかからず大変便利です。一方のデメリットを見た時は電気代が気になる方もいるでしょう。

ただサーバーには省エネタイプや小型の卓上タイプもあるので、電気代を節約したい方におすすめです。